泉田良輔の考えたこと

ノマドアナリストが株式投資, テクノロジー, エネルギー, FinTech, メディア, サッカーをテーマに.

稲垣栄洋「弱者の戦略」:動植物の世界の競争は人間と同じことが分かる

 

久しぶりに、考えさせる本だ。

動植物の生存競争、つまり戦略について示唆に富む。

著者も、企業もしくは戦略に興味があるので、読みやすい。

今、私たちのまわりにいるすべての生き物たちは、自然界を生き抜いているという点で、どれもが「成功者」である。 

 これは、最近特に実感する。存在していることだけで、すばらしい。

生物にとって、もっとも重要なことは何か。・・・生き残ることである。 

 すべてそうである。大きな会社になると、結構忘れがちになる。

「生き残った者が強い」 

 ベッケンバウワーがそう言ったらしい。

「強いものは単純に。弱いものは複雑に」これは勝負の鉄則なのである。 

 人間界の強いものも恣意的に複雑にする。アップルとか。これは手ごわい。

「ずらす」ことは、実に秀逸な戦略である。「ずらす」戦略は、じつに複雑である。・・・「ずらす」ためには、知恵と工夫が必要なのである。 

 ずらす。これはあらゆる点において、究極のテーマ。

すべての生物はオンリー1で、ナンバー1しか生きられない 

 でしょう。

「ずらす」ということは、他の生物がナンバー1になれない場所を探し、自分がナンバー1になる自分の居場所を「探す」ことである。 

 なるほど。

ニッチとはナンバー1になれる場所である。 

 他にもいろいろと有益な、示唆に富む本。