泉田良輔の考え

ノマドのテックアナリスト

はたらく世代向け資産運用特化の金融サービス「moneiro(マネイロ)」始動

新型コロナで大きな変化があった2020年も、もう12月です。

今年は私が経営する会社でも、そしてその中の仕事でもいろいろな変化がありました。

特に、はたらく世代の資産運用をサポートするOneMile Partners(ワンマイルパートナーズ)は様々な変化を遂げました。

ワンマイルはIFAでもあり、保険代理店でもあります。それ以外に太陽光やリースなども取り扱っています。

ワンマイルは金融商品のワンストップショッピングができる場でありながら、金融機関での勤務経験の長いメンバーが厳選した金融商品をお届けしています。

f:id:IzumidaR:20200306173215j:plain

無料オンラインセミナーの拡充、つみたてNISAもばっちり

コロナ前は、無料マネーセミナーを東京駅周辺のリアルの会場を借りて行っていました。

しかし、3月以降は感染拡大の影響もありリアル会場を借りてのセミナー実施はするのが難しいという判断をしました。

2020年4月からGWあたりにかけて、すべてオンラインセミナーに切り替えました。

ワンマイルの優秀なテックチームの驚くべきスピードにより、お客様にスムーズにセミナーを視聴いただけるようになったかと思います。

資産運用全般、つみたてNISAについて実施しています。

何度でもご視聴は無料です。

moneiro.jp

ワンマイルの金融サービス「マネイロ」とは

さて、無料セミナーの体制を整える中で、おかげさまで2020年11月には、はたらく世代向け資産運用金融サービスである「moneiro(マネイロ)」をスタートさせました。

onemile.co.jp

マネイロとは、ワンマイルがご提供する資産運用に特化した金融サービスでございます。

マネイロは様々なサービスで構成されています。

まあ、資産運用を始めるにあったってのポータルサイトといいますか、お客様との接点となる入り口です。

先ほどご紹介した無料いオンラインセミナーである「マネイロセミナー」もその一つです。

しかし、皆さんにぜひ活用していただきたいのは「マネイロコンシェル」です。

マネイロコンシェルとは何か

資産運用全般のご相談を、資産運用についてのプロフェッショナルである「マネイロコンシェル」がご対応させていただきます。

マネイロコンシェルは証券外務員、保険募集人の資格を有し、お客様の資産運用を総合的にサポートします。

マネイロコンシェルには、元メガバンク、信金、保険会社、証券会社、保険代理店出身者で構成されています。

総合的な資産運用のアドバイスとご提案、加えてつみたてNISAといった制度活用のアドバイスも充実させています。

moneiro.jp

ワンマイルパートナーズの沿革、ここまでを振り返って

2018年11月27日:会社設立

2019年11月27日:東京・丸の内に丸の内本店/スタジオをオープン

2020年11月27日:マネイロをスタート

ここまで、1年ごとに新しいサービスをスタートができています。

ひとえに皆様のおかげでございます。

また、今年はコロナの影響で大きな環境の変化があった従業員にも感謝したいと思います。

ワンマイルのこれから

ワンマイルは優秀なテックチーム、また先ほどご紹介したマネイロコンシェルのように、年間1000世帯以上のお客様のアドバイスをしてきたベテランの営業スタッフが在籍しています。

ワンマイルは、テクノロジーを最大限活用し、一人一人のお客様とじっくり向き合える体制を整えていきます。

テクノロジー×人、これがワンマイルの積極的に取り組む領域、そして競争優位を確立できるテーマです。

ワンマイルは全国へ出店

2021年はこれまでの丸の内本店・スタジオである東京以外の地域にも積極的に展開していきます。

そして、これまで以上に全国のお客様に我々のマネイロのサービスをご提供していきたいなと思います。

すでに、他地域の出店の準備も着々と進めております。

また、大手小売店などの方をはじめとして、多くの方から出店についてもご相談いただける状況になっていきました。

ワンマイルの事業展開にご興味あれば、ぜひ弊社にご連絡をいただければと思います。

三菱地所さん向けにお話ししたワンマイルのこれからについては以下の動画をご覧いただければと思います。

xtech.mec.co.jp

 

今後ともどうぞマネイロをよろしくお願いいたします。

参考資料

www.wantedly.com

forbesjapan.com

www.youtube.com

www.youtube.com

newspicks.com

https://newspicks.com/live-movie/440

NewsPicksのNewSchoolで資産運用のコースを担当します

NewSchoolの第3期として資産運用のコースを担当することになりました。

パーソナルファイナンスの全体というわけではないですが、運用部分はかなりカバーできるのではないでしょうか。

ご希望の方はぜひ!

newschool.newspicks.com

【募集】金融/経済/産業系が得意な編集者・ライターを探しています

私が経営する株式会社ナビゲータープラットフォーム及び株式会社OneMile Partnersでは、コンテンツ配信の強化を目指す中で、一緒にコンテンツを作成してくれるメンバーを募集しています。

いずれの募集においても、読者に有益な情報を発信してくれるメンバーを探しています。

ご興味があれば、ぜひ、私のTwitterのDMもしくはLinkedinにメッセージをください。

ご連絡先

オンラインでやり取りさせていただき、お互いの目線を確認させていただいた上で、正式な採用プロセスに進んでいただけるように準備します。

正社員、契約社員、業務委託等、ご希望に応じて調整させていただきます。

いずれも本社は東京・大手町ですが、勤務形態は、ほぼリモートワークです。

ぜひ、全国からのご応募お待ちしております。

自慢じゃないですが、ナビゲータープラットフォームでは新型コロナウイルス感染拡大する何年も前から、ほぼほぼリモートワークでした。

下の写真は、本社のが入居するFINOLAB(フィノラボ)です。

f:id:IzumidaR:20200710110236j:plain


株式会社ナビゲータープラットフォーム

ナビゲータープラットフォームがLIMOを運営しております。

LIMOは「くらしとお金」をテーマに情報発信をする経済メディアです。

LIMO | くらしとお金の経済メディア

今回、LIMO(リーモ)第2編集部の立ち上げメンバーを募集しています。

LIMOは、大手金融機関に勤務経験がある証券アナリストやファンドマネージャー出身者が立ち上げました。

はたらく世代の資産運用をサポートするような記事を中心を発信しています。

求める役割

  • 副編集長
  • 編集スタッフ
  • 社内ライター

求める人物像

  • 金融/経済/産業関連のコンテンツ制作の実務経験がある方
  • 雑誌、書籍、Webメディアでの実務経験のある方
  • 情報源にこだわりがある方
  • より正確な情報発信にこだわりがある方
  • コンテンツが読まる/拡がることに情熱のある方

株式会社OneMile Partners

OneMile Partnersはナビゲータープラットフォームの子会社です。

はたらく世代の資産運用をサポートする金融サービスを提供する会社です。

今回、資産運用コンテンツを発信するために、OneMile Partners編集部の立ち上げメンバーを募集しています。

求める役割

  • 編集部マネージャー(企画や編集を担当)

求める人物像

  • 金融関連コンテンツ制作の実務経験がある方
  • 金融機関に勤務経験がある方が望ましいです

 参考記事

xtech.mec.co.jp

www.youtube.com

ご連絡先

 

「テクノロジーがすべてを塗り変える産業地図」を出版します

日本対ベルギー戦、本当に惜しかった。

ワールドカップの熱戦が冷めやらないですが、この7月に新しい本を出版することになりました。

テクノロジーがすべてを塗り変える産業地図

新著のタイトルは、こうしました。

「テクノロジーがすべてを塗り変える産業地図」

今回の本のテーマは、テクノロジーを切り口に今後の起こり得るであろう様々な産業地図の変化を描き出すことです。

AIやロボット化といわれる中で、極端なまでに人手不足の日本。

現状はデータをもとに現状を把握し、産業ごとの未来予想図を描き出そうとしています。

テクノロジーを切り口にこれまで3大産業を分析の続編 

2013年からこれまで「電機」、「自動車」、「銀行」と、日本の株式投資家であれば必ず抑えなくてはならない3大産業をテクノロジーを切り口に分析してきました。

今回は、これまで同様にテクノロジーを切り口としながらより幅広い産業を分析し、その未来予想図を描いています。

  • 小売り
  • 自動車
  • 運輸
  • 物流
  • 医療
  • 旅行
  • 銀行

織物を織るような分析に

また、今回は縦糸を「産業」、横糸を「仕事」として未来予想図をより手触り感があるようにしました。

テクノロジーが変えるのは「産業」を変えるだけではなく、私たちの「仕事」のありようも変えていくでしょう。

「産業」という(セミ)マクロの視点、そして「仕事」というミクロの視点の両方の見方で分析と予想をしていきます。

大手書店にも展開していただいてます

今回も大手書店さんには、目立つ出入り口に並べていただいております。

f:id:IzumidaR:20180704134805j:plain

東京・丸の内の丸善さん

f:id:IzumidaR:20180714093548j:plain

大阪・梅田の紀伊國屋書店さん

f:id:IzumidaR:20180714093629j:plain

東京・六本木ミッドタウンのTSUTAYAさん

ありがとうございます。

ご興味があれば、ぜひ。

Longineは5周年!ありがとうございます

Longineは6月26日でおかげさまで5周年を迎えることができました。

本当にありがとうございます。

ここまでの5年間で、推奨銘柄の勝率は80%を超えています。

引き続き、実りある貯蓄に貢献できるように頑張ります。

よろしくお願いします。

www.longine.jp

株式投資講座「泉田塾」を2018年3月からスタートすることにしました

Longineの会員の方からリアルで学べる場も欲しい!という声も多かったので、「泉田塾」を東京・大手町で始めることにしました。

今後、投資経験別に様々なメニューも用意していこうと考えています。

ご興味あれば、ご参加ください。

www.longine.jp

日経BizGateの私の連載名が2018年2月から「新・産業鳥瞰図」に変わりました。今回はNVIDIA

おそらくほとんどどなたも気づくこともないと思いますので、自分で言ってみるのですが、日経BizGateの連載名が「泉田良輔の新・産業鳥瞰図」へと変更になりました。

ん?では前はなんであったのかと。

「泉田良輔の新・日本産業鳥瞰図」

ん?どこが変わったのかと。

はい、「日本」が取れました。

つまり、何が言いたいかというと、対象が「世界」になったということです。

ん?これまで海外の企業も分析していなかったっけ?

はい、おそらくは海外企業の方が多かったと思います。

個人的には、海外企業の分析が国内には少ないので、積極的に彼らをベンチマークしている手前、その分析をし、日本の各産業の今後の行く末を占うために(ここ重要)調査してました。

ところが、扱う企業が「日本」企業じゃないということも多く、今回「日本」をとることにしました。

そして、今月の調査対象はNVIDIA。

もはや単なるゲーム向け半導体企業などではなく、自動運転と都市を狙う、気を付けておくべき企業です。

よろしくお願いします。

bizgate.nikkei.co.jp

ブルムバーグのインタビューにFinTech、決済の内容についてこたえました

私がブルムバーグにインタビューを受けた記事が年末に出てました。

金融や決済ビジネスに詳しいナビゲータープラットフォーム社の泉田良輔アナリストは、既に電子マネー端末を設置した日本の小売店では、決済手段の追加を負担に感じる可能性があると述べた。労働市場のひっ迫から外国人や年配のアルバイトにレジを任せることも多く、複雑な作業を避ける傾向にあるという。消費者が電車と共通で使えるカード使用から切り替えるにも、それなりの恩恵を感じる仕掛けが必要と語った。

「黒船」アリペイ、日本の決済市場で足場固め-地域商店街に浸透図る - Bloomberg

Longine(ロンジン)の口コミや評判はどうなのか。というか自己紹介

2013年6月に個人投資家のための資産形成を応援するメディアとしてLongineを立ち上げました。そしてサービス開始以降、私が編集長を務めています。

はじめに

Longineは私と共同創業者の原田慎司(元シティグループ証券)らで2013年3月に立ち上げた株式会社ナビゲータープラットフォームが運営するメディアです。ナビゲータープラットフォームではLongine以外に、投信1(トウシンワン)株1(カブワン)といったメディアも運営しています。

立ち上げ当初は兜町の東証前のオフィスでスタートしましたが、いまでは大手町にオフィスを移し、FinTech(フィンテック)企業が集まるFINOLAB(フィノラボ)で活動をしています。

私どものがオフィスを構えるFINOLABがあるのは大手町にある、築60年のビル。

建物は古いですが、リノベーションされて、入り口はこんな感じです。

f:id:IzumidaR:20180124095549j:plain

FINOLABのドアを抜けると左手に、入居している企業のロゴプレートが。

Longineもこのように。

f:id:IzumidaR:20180131162158j:plain

更に中に入ると、こんな感じで、大きなスーペースがあり、ワイガヤ感&インターナショナル感があります。

f:id:IzumidaR:20161222163512j:plain

FINOLABは、電通、三菱地所、電通国際(ISID)が立ち上げたフィンテックのエコシステムです。今ではフィンテック関連企業のメッカのような拠点となっています。

https://www.longine.jp/company

finolab.jp

Longineは2018年で5周年です

話を戻しますと、Longineは購読者の皆様や上場企業の皆様、インターネット証券などのサポートもあり、2018年には無事5周年を迎えることとなります。誠にありがとうございます。

大手証券会社や資産運用会社に勤務経験のある証券アナリストがネット向けに企業分析記事や相場の見通しを配信しています。

執筆アナリストは国内外証券会社で投資家等の投票によるランキングで上位のアナリストであったり、機関投資家として長年経験がある執筆者により記事が作成されています。

私はと言えば、大学卒業後、日本生命の国際投資部で外国株式の運用に携わり、1.2兆円のファンドを運用していました。

その後、フィデリティ投信では調査部ではテクノロジーセクターの証券アナリストをはじめ、運用部では中小型株ファンドのアシスタント・ポートフォリオマネージャーとして従事していました。

https://www.longine.jp/archive?author=4

このようにランキングの証券アナリストや機関投資家経験者がネット向けに有料購読者向けに情報配信するということ自体が珍しかったとおもいます。

日経新聞やブルムバーグなどでも報道されました。もっとも、いまであれば、それほどニュースにもならならないかもしれませんが。

www.nikkei.com

f:id:IzumidaR:20170518170227j:plain

Longineのコンテンツ

推奨銘柄や話題の銘柄など

現在、日本株に関するコンテンツが中心となっています。

個別銘柄の目標株価をご提供する「推奨銘柄」、株式市場やアナリストが関心のある銘柄を取り上げる「話題の銘柄」、決算発表や月次データの第一印象をお届けする「速報」があります。

推奨銘柄の記事一覧はこちら

https://www.longine.jp/archive?contentsCategoryAtom=RECOMMEND

話題の銘柄の記事一覧はこちら

https://www.longine.jp/archive?contentsCategoryAtom=HOTSTOCK

速報の記事一覧はこちら

https://www.longine.jp/archive?contentsCategoryAtom=SETTLEMENT

Longineでは、推奨が終了した銘柄とその記事に関してはすべて公開しております。Longineの推奨がどうであったか、どのような銘柄を推奨したのかということをお知りになりたい場合には、以下をご活用ください。

https://www.longine.jp/recommend-list

企業IRの発信の場

また、Longineは個人投資家が有益な情報を入手できる場としてアナリストが発信する情報だけではなく、上場企業がIRとして情報を提供する場も設けています。

「企業IR」「すぐわかるIR」は上場企業から投資家に届けたい情報を発信しています。

たとえば、オムロンさんは株主・投資家情報のサイトからLongineのコンテンツへの導線があります。

株主・投資家情報 | オムロン

パナソニックさんへの津賀一宏社長を含むトップマネジメントへのインタビューや個人投資家向け説明会を共同で開催したこともあります。

外部メディアとの共同企画 - IR (投資家向け情報) - 企業情報 - Panasonic

ダイキンさんの個人投資家向け情報提供もサポートしています。ダイキンさんの投資家向けトップページからリンクをたどれます。

株主・投資家情報 | ダイキン工業株式会社

このようにLongineは発行体のIRによる情報も提供できるプラットフォームになっています。

Longineの購読・記事価格

ネットで情報配信できる良さは、タイムリーに幅広く多くの人に届けることができる点です。

また、Longineは多くの人に読んでいただきたいということで、月額課金は1,080円(税込み)、1記事ごとでは216円(税込み)でご提供しています。

まずは、1記事ずつ読んでみて、納得感があれば毎月の購読を決めていただければと思います。クレジットカードのみの決済となっています。

無料のニュースレターも配信しており、Longineのサービスイメージをお持ちになりたいお客様はご活用いただければと思います。

Longineとは何か知りたい方

Longineにご興味のある方は、Longineの「はじめての方へ」をご参考にしてください。

当ページでは、Longineの思いやこれまでの推奨銘柄のパフォーマンスなどもまとめて整理してあります。

また、ニュースレーターの登録や月契約への登録も可能です。

https://www.longine.jp/about-service

Longineの無料や人気記事のご紹介

Longineでは人気記事のランキングをご提供しています。一部の記事は無料でお読みいただけるので、お時間があるときにでも除いてみてください。

https://www.longine.jp/ranking

Longineのセミナー活動

Longineでは、これまでは不定期ではありますがセミナーを開催してきました。

先日もセミナーを開催しましたが、皆様のご要望なども多くあり、今後はさらに積極的に開催して行きたいと思っています。

www.longine.jp

f:id:IzumidaR:20180117125926j:plain

Longineでは以前もセミナーを開催していました。アンケートでのお客様のごニーズなども把握できてきており、今後はより接点を増やしていければと考えております。

www.longine.jp

過去のセミナーはこじんまりとやっておりました…。

www.longine.jp

まとめにかえて

いかがでしたでしょうか。Longineについて少しは手触り感が出てきましたでしょうか。

日頃の活動状況は、ニュースレターやサイトでの記事の新着情報などでご確認いただければと思います。

今後は、皆様と直接対話ができるセミナーなどの機会を積極的に設けることで、Longineのサービス品質を上げていくことができればと考えています。

引き続きよろしくお願いいたします。

あわせて読みたい