泉田良輔の考えたこと

ノマドアナリストが株式投資, テクノロジー, エネルギー, FinTech, メディア, サッカーをテーマに.

JPMザ・ジャパンのパフォーマンスがすごすぎる件

日本株の投信がどうなってるかなぁと思い、いろいろ調べてみました。

噂には聞いていました…。

それにしても、JPモルガン「ザ・ジャパン」のパフォーマンスすごすぎます。

短期間に、投信の基準価格が2万から4万円に倍にになってるw

投信でこのパフォーマンスは見たことがありません。

 

で、ファンドの中身を見てみると、これまたすごい。

トップテンの銘柄が、不動産と銀行、その他金融で埋め尽くされてる…。

ぱっと見、金融ファンドです。

加えて、コア銘柄は、一部を除き時価総額でいうと、中小型株です。

少なくともデータが開示されている2012年末からこうした傾向は確認できます。

このファンドマネージャー(FM)は今回の金融緩和ストーリーに完全にベットしていたわけです。

うがった見方をすると、流動性が上向くというベットもしていたということになります。

つまるところ、手錬中の手錬です。

 

通常、どのFMもマクロやセクター(産業)のシナリオは持っています。

ところが、「分散投資」教育よろしく、こんなに特定のセクターにベットはしません。

ベンチマークや銘柄によるトラッキングエラー(TE)を意識するからです。

結果として、銘柄数が増え、TEが小さくなり、パフォーマンスが出にくくなります。

 

ウォーレン・バフェットのいうように、自信があるときの「集中投資」のリターンは絶大。

JPMのザ・ジャパンは、これまでのところ「集中投資」の威力を実証したわけです。

 

さて、個人的興味はこのFMが金融株をいつ利食って、どのセクターや銘柄に入れ替えるかです。

マクロ観が改めて試されます。

 

取り急ぎ。