読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泉田良輔の考えたこと

ノマドアナリストが株式投資, テクノロジー, エネルギー, FinTech, メディア, サッカーをテーマに.

2014年は音というユーザインテーフェース元年だったような気がする。2014年の買い物を振り返る

アップルのiPhoneもUIが変わらず、そろそろみんな冷たいタッチパネルに飽きている。

そこで新たなUIが工夫されているが、音声認識もいまいち。

それでも、次はまだみんな音声だと思っている。

 

インターフェースといっても、インプットとアウトプットの両方がある。

2014年はアウトプットの音は相当伸びたんではないだろうか。

家電の小売店を見れば一目瞭然。

 

今年は、執筆作業を支えてくれるグッズを買いそろえたが、結局これが良かった。

はじめてのBoseなのだが、Bluetooth接続を店頭で試したが、Boseが良かった。

ソニーのXシリーズも試したが、いまいちうまく接続いかず、断念。

ソニーの方が安くて、どうかなと思ったが。

 そして、外ではこれ。

はっきりいって、ブランド買いした感じ。

アップルが興味あるとなれば、自然と興味がわく。

まあ、いい音ということなんだけれども、使用時間は↑の方が断然長い。

 ということで、次はやはり音かなと。注目。