読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泉田良輔の考えたこと

ノマドアナリストが株式投資, テクノロジー, エネルギー, FinTech, メディア, サッカーをテーマに.

IDEOの本を読んでもデザイン思考がなんだかわからないという怪。デザイン思考が世界を変える

デザイン

IDEOのティム・ブラウンの本が文庫本になっていたので早速購入。

(これまで協生館の図書館にあるぼろぼろのを何回か読んでいた)

 

まあ、あらためて読んでみると不思議なことに、デザイン思考の定義をしていないw

 

デザイン思考の定義でよく言われる、

「インスピレーション、アイディエーション、インプレメンテーション」

の3つのキーワードは、イノベーションが生まれる空間という表現だ。

 

じゃあ、この3つを繰り返すことをデザイン思考といっているのかといえば、違う。

決してデザイン思考の定義ではない。イノベーションを生み出すプロセスの話。

 

デザイン思考については、

「基本的に、デザイン思考は探求のプロセスだ」

といっているに過ぎない。

 

また、こうもいっている。

「デザイン思考家はプロセスを進める『唯一の最善策』などないことを知っている」

なに?!

あっち行ったり来たりするのはわかるけど、それで何が出てくるのか知らん。

ということをいっているに近い。

(おそろしい。ティム・ブラウンは稀代の「何とか師」のようだ)

 

シマノの例が出てくるが、これが冒頭というのが面白い。

シマノはご存じのように自転車部品メーカー。

その部品メーカーがライフスタイルを再定義して、成功したという例だ。

これは日本のデバイスメーカーにはいくつかヒントがあるのではないだろうか。

(これはいくつかインスピレーションをいただいた。)

 

皮肉にも本書でインテルノキアを褒めている。

業積や将来の戦略に疑問符をつけられている2社である。

アナリスト視点では、IDEOもうまくいった企業に乗っかっているだけじゃなんて。

まあ、ブレストは「他人のアイデアにのっかれ」というぐらいだから。

 

いろいろ実験して新しいアイデアを生みだして結果が残れば、それをデザイン思考という。

なんとも深みのない話。