泉田良輔の考えたこと

ノマドアナリストが株式投資, テクノロジー, エネルギー, FinTech, メディア, サッカーをテーマに.

「日本の電機産業 何が勝敗を分けるのか」を出版します。

泉田良輔の考えたことが、日本経済新聞出版社から出版されることになりました。

とはいっても、このブログの内容ではなく、完全書き下ろしです。

総準備期間は、最初から最後まで入れると…約6か月。

本を執筆する大変さをはじめて知った次第です。

これまで以上に、本は丁寧に読まないと著者や編集者に失礼と気がづきました。

これは非常に貴重な気づきになりました。

 

明日から順次書店に並び始めることになります。

これはGFリサーチのプロジェクト第一弾になります。

現在、進行中のプロジェクトもいくつかありますが、とりあえず第一弾です。

 

本書は、

グローバル・日本の電機メーカーのトップマネジメントへの取材がベースになっています。

皆様の時間、トータルすると数十時間に及ぶのではと思います。

共時的アプローチと社史を引っ張り出し企業の歴史を追うことにも努めました。

経営者は確実に歴史の流れの中で生きています。

一瞬だけを取り出して議論しても、かみ合いません。

これは、分析する側は、十分に認識すべきです。

 

本書は、情報を統合化し、アナリストとして企業や産業構造の将来予想もしています。

これまで、産エレ、民エレ、部品個別に語る本はあったと思います。

しかし、本書は統合的に語っているところに、これまでにない新しさがあります。

 

応援し、支えてくださった皆様に感謝です。