泉田良輔の考えたこと

ノマドアナリストが株式投資, テクノロジー, エネルギー, FinTech, メディア, サッカーをテーマに.

大久保嘉人が川崎Fに戻ってくる件。スタメン競争は厳しくなる一方で問題はポストケンゴ

2017年のクリスマスにニュース!

以前から話の出ていた大久保嘉人(ヨシト)選手がFC東京、そう瓦斯から川崎フロンターレに戻ってくるという。

瓦斯に行く前から「神戸にいるときのようになるのでは?」と誰もが想像していましたが、結果もその通り。そこは全くサプライズなし。

一方、今の川崎Fはヨシトなしでも得点力には事欠かず、小林悠(ユウ)選手が2017年の得点王になったことは周知の事実。

ヨシトはどこのポジション?

問題はヨシトはどのポジションを目指すのかということ。

ヨシトを真ん中にしてユウを右にするのか?

でも、そうすると家長昭博(アキ)選手をどうするのか、左にするのか?

でも、そうすると阿部浩之(あべちゃん)選手をどうするのか?

ヨシトとユウの2トップという選択肢もあり。

などなど、問題は山積み。

とはいえ、今年はワールドカップイヤー。

ユウが代表に持っていかれるかもしれないし、また、車屋紳太郎選手が代表に持っていかれた際は登里選手がウィングのスーパーサブとしてではなく、SBに入らないといけないかもしれない。

また、ACLも戦う必要もありなどなどあるので、ヨシトが必要な場面は確かに多い。

興味があるのはトップ下。ケンゴの代わり

攻撃力はさておき、トップ下の中村憲剛(ケンゴ)選手の代わりはいるのかなど、派手なニュースはあるものの、フロンターレの課題は多い。

大島僚太(リョウタ)選手、エドアルドネット(ネット)選手がゲームを組み立てるスタートポイント、という前提があるにせよ、そこからゲームのアクセントをつくれるのはケンゴだという見方は変わらない。

ここのポジションは、実はリョウタでもなくアキでもない。

何はさておき、ネットの契約がしたそう。

エドゥアルド ネット選手契約合意のお知らせ | KAWASAKI FRONTALE

新体制発表会でヨシトはどんな顔をするのか

とはいえ、1年で「出戻り」というのはフロンターレが好きそうなネタなので、フロントもそこはあえて狙った感もある。

三好選手が札幌らしいので、背番号は13で決まりでしょうか。

競争が厳しいチームは見ていても楽しい。

www.hochi.co.jp

あわせて読みたい

izumida.hatenablog.com

izumida.hatenablog.com