読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泉田良輔の考えたこと

ノマドアナリストが株式投資, テクノロジー, エネルギー, FinTech, メディア, サッカーをテーマに.

セブンイレブンのセブンカフェ ドーナツを食べてみた。ヘルシーな感じでよい

戦略

セブンイレブンのドーナツの味はいかに

2013年6月にセブンの100円コーヒーを徹夜明けに飲み、そのうまさに衝撃をうけた。

当時、Longine立ち上げのために泊まり込みだったのだ。

コーヒーは家でも自分で入れる方だが、富士電機製マシ-ンもやるなと正直思った。

どうやら機械ではなく、うまさはまめにあるらしいが。。。

そして、今回のセブンの挑戦はドーナツだという。

報道はよく見ていたが、初めて店で見つけたので早速ドーナツとコーヒーとともに。

下の写真にある、「ふんわりリングドーナツ」をいただくことに。

甘すぎず、しつこくない、ヘルシーな感じだ。

値段も、ミスドが100円というのを意識しているのだろうか。

102円というのは税込みで110円にしたいということなのだろうか。

できれば税込みで100円にしてほしいところだ。

f:id:IzumidaR:20150420225410p:plain

米国セブンイレブンの展開ののろしか

はじめは、世間でいわれるようにミスドからシェアを奪うということかと。

しかし、Longineの椎名則夫アナリストの分析を聞いて、合点がいった。

北米でセブンを展開する際のフックではないかと。

コーヒーとドーナツ。かつドーナツはヘルシー感を出さなければならない。

日本の競合企業なぞセブンの眼には入っていない。

セブンの生まれ故郷、米国。

そこでいかにコンビニエンスストアを展開できるか。

世界市場を見据えているところに事業展開のロマンがある。

世界で展開できる小売り事業の可能性は無限大。

日本からそんな小売事業が出てくるのはうれしい。

ユニクロ無印良品、セブンか。