泉田良輔の考えたこと

ノマドアナリストが株式投資, テクノロジー, エネルギー, FinTech, メディア, サッカーをテーマに.

マスターキートンがインテリジェンスの原点なんですよね。ベタではありますが

 

 

昔、熱心に読んでいたマスターキートンが久々に新刊「MASTERキートン Reマスター」 がでた。

そこで、買って読んでみた。

相変わらず面白い。

 

学生時代に読んでいた時は、欧州の歴史の話とともに世界情勢の掛けあわせが面白かった。

大学院ではインテリジェンスを専門に勉強したが、原点はマスターキートンの気がする。

自分のはじめの就職先が保険会社であったというのも、偶然でない気がする。

Master Keatonはロイズのオプという設定。

私自身、その仕事に就いたことはないが、学生当時はロイズって何?思ったものだ。

オックスフォード大学ベリオールコレッジ校卒業の修士。博士号はない。

ここもようやく同じレベルにまで来たw

 

相変わらず、ストーリーをつくっている長崎尚志氏はすごいなと。

以前は何やらクレジットでもめていた話を聞くが、昔も今回も質は変わらないと思う。

漫画の良いところは、ストーリーにメッセージを埋め込めるところ。

今回もなにやらいろいろ考えさせられるメッセージがあちこちに。

太一(キートンのこと)が夢をかなえた人の本を読んで出た結論が、

あきらめなければ、人は絶対夢をかなえられるって。 

 あと、キートンフォークランド紛争に参加したことになっているが、その時の同僚がキートンに語りかえるセリフ

戦争は、頭の中の羅針盤を狂わせる。 

 多くの人に読まれる本というのは、色々な人との接点を盛り込んだものなのかもしれないと。

それにしても、しっかりと練られないと読め続けられることはないとは思うが。

いずれにしても楽しい読書タイムでした。感謝。