泉田良輔の考えたこと

ノマドアナリストが株式投資, テクノロジー, エネルギー, FinTech, メディア, サッカーをテーマに.

松永安左ヱ門が生きていたら現在のエネルギー政策と電源構成にどういうだろうか

まず、間違いなく松永耳庵は慶応が輩出した数少ない偉人である。

現在の日本の電力会社とそのシステムは松永がGHQ,マッカーサーに出させたといわれている。

電力システムが国営管轄にならずに、現在のような9電力会社+沖縄電力体制は松永の尽力があったからだという。

しかし、電力会社が民営企業、上場企業ということで、国で思い切った転換ができない事実もある。

原子力発電所の再稼働の議論も随時進んでいるが、松永ならなんというのだろうか。

「日本には無限の水力エネルギーがある」

(出所:松永安左エ門に学ぶ―電力の鬼・人生の鬼 (1981年)

ともいっている。とても気になるところだ。

いかに偉人が考え抜いたシステムでも、時間とともに制度疲労は避けられない。

それがマネジメントの必要な背景だ。

さて。