泉田良輔の考えたこと

ノマドアナリストが株式投資, テクノロジー, エネルギー, FinTech, メディア, サッカーをテーマに.

小西他「太陽光発電システムがわかる本」Ohmsha

 

太陽光発電システムがわかる本

太陽光発電システムがわかる本

 

 

太陽光発電

発電効率そのものを考えなければ、手軽で使い勝手がよい。

太陽光発電はそもそも系統が来ていないエリアや宇宙などで使うのが最も合っている。

そうした条件が厳しいエリアで考えれば、太陽光発電は革新的発電方式。

はて、日本のように系統が充実した地域ではどうか。

再生可能エネルギーを垂直立ち上げで増やすには太陽光しかないだろう。

実際に、太陽光の立ち上がりが一番だ。

一方で、時間をかけることができるならば、水力や地熱発電だ。

ただし、こうした発電方式はどこにでも適用できるわけではない。

「場所が発電方式を選ぶ」

これが再生可能エネルギーの基本。

発電効率と設置のしやすさは今のところトレードオフの関係にある。