読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泉田良輔の考えたこと

ノマドアナリストが株式投資, テクノロジー, エネルギー, FinTech, メディア, サッカーをテーマに.

「豊田章男本」の最高傑作は実はこの本。

トヨタ自動車の豊田章男氏はインタビューには応じるものの、自らが執筆した本はないように思う。その一方で、様々なジャーナリストにインタビューをさせてイメージを創り出すことには成功している。今回は、その中でもよく理解できる本を紹介する。【2016年12月1日更新】

 意外に読み応えがある章男本

>>豊田章男 「トヨタ」再生!

実は、軽い気持ちで買ってみた本だ。

意外に読み応えのある豊田章男(モリゾウ)本だった。

豊田家やトヨタの歴史から振り返っていて、流れがよくわかる。

もっと読まれるべきではないだろうか、と思わせる本。

実は、パナソニックの松下家との比較が面白く、こちらは説得力もあり。

インタビュー記事はいまいち

では、章男氏の露出が少ないかといえば、そうではない。

ダイヤモンドにはインタビューで登場している。ただ、期待して読んではみたけれど、あまりモリゾーに迫り切れていないのではないか。

残念ながら、モリゾーの歴史はまだ浅く、割かれているページは少ない。

章男氏に託された最大の仕事

ともあれ、モリゾウの至上命題は、トヨタをIT企業として企業として成功させること。

これしかない。

ところが、まだ本気で会社として、経営者としてカードを切っていないように思う。

残された時間はそれほど多くない。