読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泉田良輔の考えたこと

ノマドアナリストが株式投資, テクノロジー, エネルギー, FinTech, メディア, サッカーをテーマに.

日本の今のアウトレットモールの姿には未来はない、デザインし直し

なぜ人はショッピングモールが大好きなのか

なぜ人はショッピングモールが大好きなのか

木更津のアウトレットモールに何度かいったけれども、あそこには未来はない。

なぜかというと、非日常の感動体験は全くなく、それでいて広くて疲れる。

フードコートは狭くて混んでるし、品ぞろえも少ない。

おまけに、子どものおもちゃなんインターネットで買う方が確実に安い。

つまり、アウトレットという言葉だけで、いいとこなんてまるでない。

更地で何もなかったところにわざわざ建てたのだから、もう少し非日常体験がしたい。

モールというのは、日常生活を離れて「買い物するぞ」と行くわけだから、非日常であるべき。

非日常を演出できなければ存在意味はない。

しかし、できれば存在意味があるということになる。

 

さて、もう一つ気になることが。

20年後の今のアウトレットモールって一体どうなっているんだろうか。

おじいちゃんやおばあちゃんには広すぎるし、屋外であれば暑かったり寒かったりする。

これから高齢化が進むのに、いまのデザインでよいのだろうか。

考えるだけでも恐ろしい。

高齢者だけではない。子どもにとってもアウトレットモールは厄介だ。

子どもには広すぎて疲れるし、そもそもブランド品の買い物には興味はない。

休日にアウトレットに行くことは、子供にしてみれば最悪なイベントだ。

大人の買い物に付き合わされ、最後にソフトクリームを買ってもらうというくらい。

子供だましもいいところだ。

 

アウトレットモールがカネを持っているそこそこの年齢、たとえば30から50歳を対象にしているのが問題。

家族で楽しみにしているのは彼らだけで、それ以外の層は不満タラタラだ。

そんな問題意識の中で手に取った本が、

パコ・アンダーヒルの「なぜ人はショッピングモールが大好きなのか」。

これは面白かった。

世界のショッピングモールの工夫やら、問題やら、現在のトレンドが目白押し。

世界の小売業の人たちから見ると日本はやはり難しいらしい。

アウトレットモールにはイノベーションが必要です。